SHARE

開催情報

Monthly Archives :
2014年07月のアーカイブ
1(1ページ中、1ページを表示)

  • うつくしい形態は、完全なる機能に宿ります。
  • 完璧な機能体は、うつくしい造形物です。
  • もっとも芸術に近いところに位置する医学・医療である顎顔面外科、形成外科・美容外科。
  • それを志すドクターのためのワークショップを企画しました。

 

  • 顔面の機能再建のためには、その表現形である顔の造形からアプローチすることが、
  • とても役に立ちます。三次元形態は、「手」と「触覚」と「視覚」を組み合わせることで
  • 初めて理解することができます。

 

  • 平面画像を描くだけでは、決して体験することのできない立体の世界。
  • 限りない曲面が複雑に組み合わさることで、光と影のコントラストを生み出し、
  • 「形」がさまざまな意味を持ちはじめる。
  • そんな、立体の魅力を芸術の面から、体験してみてはいかがでしょうか。

 

日時
7/5(土) 11:00~18:00
7/6(日) 10:00~16:00
会場
3331 Arts Chiyoda (アーツ千代田)
講師
松本 素子 先生(彫刻 美術講師、東京造形大学彫刻科卒業)

Page Top