SHARE

開催情報

Category Archives :
Rhinoplasty Case Studyのアーカイブ
3(1ページ中、1ページを表示)

今回は、症例のデザインから、アプローチ、術式までのワークフローを、システマティックに行う方法について、講義いたします。

参加者のみなさんには、フォトショップを使ったデザインを実際にやっていただき、それぞれの顔にあったデザインをディスカッションします。

鼻の形態は、トポロジーの概念を導入することで、よりクリアに分析することができますので、その分析法について解説します。

その後は、個々の条件に応じたアプローチと術式の決定方法について、講義いたします。

 

日時
2018年10月27日(土)19:00〜
参加費
3000円

デザインは、やっぱり経験が重要

でも 手術といった on the job training だけでなくても できるよ

Rhinoplasty は、奥が深い・・・

まだまだ分からないことだらけです。

ひとつ一つの症例の、ていねいな検討の繰り返しで、はじめて知識と技術がリンクし、フレキシブルな対応が可能になってきます。

まずは、うまくいった症例、うまくいかなかった症例を、きちんとまとめて、みんなの前で呈示してみましょう。

スガワラの最近のアプローチのご紹介と、それに至った理由(unfavarable result)をお示しします。

あと、みなさんからの症例のお持込(相談も歓迎)もお待ちしております。

仲間の外科医からもらう意見は、とても役に立ちますよ!

 

日時
2018年6月2日(土)19:00〜

Tip plasty の歴史的変遷を話してみたら、うん 結構おもしろい 「こまったな、なにか良い方法ないかな」「お、これいいじゃん よかよか」「いいけどさ・・ちょっとこれがいけてないな」「こまったな 何か良い方法ないかな」 のループ。 でもこの流れを知ることが、やり方(術式)の背景(コンセプト)を知るのに、とっても役立つ。いいとこ取りができる。  で、こんどは、PSで、アタシならこうデザインする シリーズを企画しよっと

日時
2017年5月27日(土)19:00〜

Page Top